マーブル動物医療センター 神奈川県 藤沢市

ホーム

お知らせ一覧

デキモノ・ハレモノ

お知らせ一覧

デキモノ・ハレモノ/2005年09月22日号

  • 「あっ、こんなところにデキモノあったっけ? まぁいいや、小さいし様子をみよう」この一言が、後々大きな後悔を生むことになります。
  • いわゆるデキモノは、腫瘍(しゅよう)とそれ以外に分けることができ、腫瘍は、さらに良性と悪性に分けられます。
  • 悪性の腫瘍、これが一般に「癌(がん)」と呼ばれているものです。
  • デキモノ・ハレモノ  →  腫瘍  →  良性または悪性
          ↓   
    腫瘍ではないもの
  • 腫瘍は外から見ただけでは、良性か悪性かの判断がつきません。
  • 獣医師でも同じです。まず最初に、「バイオプシー」と言い、針で刺して細胞を検査します。 この検査だけで悪性と分かることもありますが、ほとんどの場合、切り取って病理組織検査(びょうりそしきけんさ)をすると「何という細胞の何という癌か」が分かります。この情報をもとに、その後の治療や病気の進み方をおおよそ予測することができます。
  • この 「何というデキモノだったか」が非常に大切です。
  • また手術をする場合、その前には、胸のレントゲンやCT撮影をして、転移の確認をする事も大切です。
  • ある日、あなたの手に米粒ほどの取っても取れない、かと言い痛くもないデキモノができました。
  • 「別に困ることはないけれど、なーんか、気になる」というのが本音でしょう!? 
  • ワンやニャンに同じようなものができたら、できるだけ早く動物病院を受診して検査してもらいましょう。

マーブル動物病院院長
難波 信一

初診の方へ

初診の方へご案内

スタッフ募集

スタッフ募集のお知らせ

犬猫のワクチンプログラム

犬猫のワクチンプログラム

携帯サイトはこちら

  • 携帯サイトQRコード

日本動物遺伝病ネットワーク

  • 日本動物遺伝病ネットワーク

対応ペット保険